join

新規入会

ご利用規約を必ずお読み頂き、同意した上で入会手続きを行ってください。

「オフィシャルファンクラブ 『クレイジーケンバンド友の会』」会員規約

第1条(目的、サービス内容等)
1 この規約(以下、「本規約」といいます)は、ダブルジョイレコーズ有限会社が主宰する「クレイジーケンバンドオフィシャルファンクラブ 『クレイジーケンバンド友の会』 (以下、「本会」といいます。)」の会員組織の会員を募集し、入会された個人の会員に対し各種物品及びサービスの販売又はイベント開催などに関する情報や特典を提供するなど、次の各号に定める各種サービス(以下、「本サービス」と いいます。 ※1)の全部又は一部を、会員が有料で利用するための入会その他の諸条件等を定めることを目的とする規約です。 なお、本会は企画制作はダブルジョイレコーズ有限会社がおこない、システム運営・会員管理・事務手続きは、株式会社ロム・シェアリングが行います。(以下、二社を合わせて事務局といいます。)

1・オリジナル会員証の発行
2・会報誌または会報DVDの発行 ※不定期年3回程度
3・会員限定WEBページへのログイン
4・ライブ、イベント開催時の会員優先/先行抽選予約参加権
※主催・企画内容等によっては優先ご案内ができない場合や、抽選によって決められる場合もございます。
5・FC主催・限定イベントへの優先参加権 
6・限定オリジナルグッズの先行販売

※1 本サービスは予告なく変更となる場合がございます。
※2 常に最新情報をご提供差し上げられる様、会員の皆様にはパソコンメールアドレス
又は携帯メールアドレスのご登録に、ご協力をお願いいたします。
なお、メールアドレスの未登録又は誤った登録・受信設定、またはプロバイダやキャリア等の事情により最新情報の取得やチケット予約等ができなかった等の責任は事務局は負えませんのであらかじめご了承のほどお願いいたします。
2 本会は、会員への通知・承諾を得ることなく、会期中といえども任意に、本会の組織名称・会費等の設定・会費等の支払方法の種類、本サービス内容(以下、「サービス等」といいます。)の全部又は一部を随時、変更、中止、終了することができるものとします。
なお、会員が変更後のサービス等を受けることを拒否し会期中に退会した場合にも、本会は会費等の返還はいたしません。
3 本会は、サービス等の変更、中止、終了に際し、事前又は事後に会員に対して通知します。
4 本会及びサービス等に関するお問い合わせ・ご意見などの一切については、事務局窓口までメール及び電話にてご連絡下さい。
但し、企業・個人に対する冒涜・名誉毀損その他不適切な行為と本会が判断するご連絡については対応致しかねますので予めご了承ください。

第2条(変更等)
1 事務局は、会員への通知・承諾を得ることなく、任意に本規約を改訂し、追加し、削除し又は変更することができるものとし、会員は改訂後の本規約に従います。 改訂後の本規約の効力の発生は、当該規約が本会Webサイト上にアップロードされた時点若しくは個別に郵送若しくは手交された時点のいずれか早い時点とします。
2 会員が個別に各種物品やサービス(以下「個別サービス」といいます)の購入を希望するときは、別途本会が定める個別の購入規約(以下「個別規約」といい、本規約と個別規約を併せて「本規約等」といいます)が適用されます。 但し、本規約は個別規約と重畳的に適用され、本規約と個別規約の内容が抵触する場合には、個別規約が適用されます。

第3条(入会、継続手続、会期等)
1 本会への入会希望者の入会に必要な手続は、次に定めるとおりとします。なお、入会希望者が未成年である場合には、必ず保護者の同意を得た上で入会手続を行うものとします。
(1)入会希望者は、本規約の内容を十分に確認し、本規約に同意します。
(2)入会希望者は、事務局の指定する方法により「氏名・住所・電話番号・生年月日・メールアドレス」等の弊社が要求する情報の登録(記載・入力又は報告)を行うとともに、次項に定める会費等の払込み手続きを行います。
(3)会費等の払込みが本会により確認された後、本会は入会希望者に会員番号を交付します。会員番号の交付をもって、当該入会希望者の入会手続が完了します。
2 会員は本会への入会及び会員登録継続に際し、下記の入会金及び年会費(以下、併せて「会費」といいます)を本会に支払います。
但し、会費には、会員が個別の物品やサービス(以下「個別サービス」といいます)を購入する対価は一切含まれておりません。
また、一度支払われた会費等は、本会に重過失がある場合を除き、返金されません。
(1)入会金 :¥2,000(税込)
(2)年会費 :¥4,980(税込)
(3)会費支払方法 :クレジットカード及びコンビニオンラインによる支払い手続きのいずれかにて一括でお支払いただくこととします。
但し、手続の際の店頭手数料等は会員の負担とします。
3 本会の会期は、管理者が入会承認した日から翌年の同月末の1年となります。 ただし、本会の指定する期日までに会員が次年度年会費を支払った場合、次年度会期満了日まで会員登録が継続されます。
また、会員継続更新は期間満了日から3ヶ月間はおこなえるものとします。ただし期間満了日からの3ヶ月間は非会員扱いとなり、会員特典は適用されず、会報・情報等は送付されません。
なお、会期期限切れより三か月以内に次年度年会費を支払わないかぎり、当該会員は当年度会期満了日をもって退会するものとします。

4 年会費自動引落としサービス
(定義)
年会費自動引落としサービスとは、年会費の決済を、会員が予め登録した本人名義のクレジットカード(当社指定のカード会社のものに限ります)を用いて、カード番号を都度入力することなく、年会費更新の際にインターネット上で自動に引落としが行われるサービスです。
(利用資格)
本サービスの利用を希望する会員は、以下の条件を満たすことにより、本サービスを利用することができます。
ただし、本会は本会の裁量により、会員が本サービスを利用するのに相応しくないと判断した場合に、当該会員による本サービスの利用をお断りすることがあります。
(1)本会が定める事項を本会所定の方式により登録すること。
(2)本会が指定するクレジットカード(本人名義に限る)を有すること。
(3)本規約の内容に同意し、本規約を遵守すること。
(4)信用状態が良好でない等、本サービスを利用するのに相応しくない事情が存在しないこと。
(5)その他、本サービスを利用するのに相応しくないと本会が判断する事情が存在しないこと。
(申込みの方法)
本会への入会時、もしくは更新時にウェブサイト上で申し込むことができます。
(決済期日)
決済期日は、初回もしくは前回の決済期日から12ヶ月後の同日とします。
ただし、閏年の2月29日に決済を行った場合、次回以降の決済期日は2月28日とします。
(請求書、領収書等の不発行)
本サービスの利用により決済された料金については、請求書、領収書、利用明細書等は発行いたしません。
(会員が行う年会費自動引落としサービスの解除及び退会希望による自動引落としサービスの解除)
会員は、会員期間中に本サービスを解除しようとするときは、次回の引き落とし日の1ヶ月前までに、その旨を本会に、必ずご連絡頂きます様お願いいたします。
※ご連絡が頂けない場合、引き続き自動決済が実施されますのでご注意ください。
また、自動決済をされている方の退会ご希望の場合にも、同様にご連絡いただきます様お願い致します。
※ご連絡が頂けないままの場合、有効期限切れによる自動退会は実施されませんのでご注意ください。
(本会が行う年会費自動引落としサービスの不可又は解除)
(1)本会は、次の各号に定めるいずれかの事由が生じたときは、会員に事前に通知することなく、会員による本サービスの利用を停止し、本サービスへの登録を解除します。
(1-1)御客様側のご都合により、クレジットカードの認証不能その他、カードの有効期限切れ、限度額等の理由により本サービスによる決済ができない事態が生じた場合
(1-2)その他御客様側の何らかのご都合により、本サービスにおいて登録されたクレジットカードの利用が停止された場合
(1-3)会員がカード会社とのカード利用契約に違反した場合
(1-4)会員が法令または本規約等に違反した場合、本サービスの利用に関して不正行為があった場合、
その他会員に本サービスを提供することが不適当であると本会が判断した場合
(2)前項により会員による本サービスの利用が解除された場合であっても、
解除以前に発生している料金については、解除時に登録・指定されていた決済方法にて決済されるものとします。
ただし、当該方法により決済ができない場合、他の決済方法により決済を行うものとします。

第4条(会員登録申込不許可・抹消事由等)
1 本会は、申込者が入会申込又は継続申込に際し、次の各号に定めるいずれかに該当すると判断したときは、入会及び継続手続きを許可せず又は登録を抹消することができます。
(1)入会申込をした者が実在しないとき
(2)入会申込をした者が法人であるとき
(3)入会申込の内容に虚偽記載があるとき、又は、入会申込の内容に誤記入若しくは記入漏等があるため本会が訂正若しくは記入漏れの是正を要求したにもかかわらず、これに従わないとき
(4)会員登録継続時に会費やその他の弊社の提供サービスに関する利用料等の支払を怠るか、又は、怠るおそれがあると弊社が判断したとき
(5)過去に本規約等の違反行為があるとき
(6)過去に入会を許可されなかったことがあるとき
(7)過去に登録抹消処分を受けたことがあるとき
(8)上記のほか、弊社が合理的理由により、申込者に本サービスの提供をすることが不適当と判断するとき
2 申込者に対して本会への入会申込を許可した後であっても、会員に前項のいずれかの事由に該当し若しくは該当することが合理的に疑われると事務局が判断するときは、登録抹消処分することができます。

第5条(会員登録情報変更の届出)
1 引っ越しなどにより、お名前、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレスが変更になった場合は、Webサイト会員ページ内にて必ず会員登録情報の変更手続きを行なってください。
ただし、Webサイトで会員登録情報の変更ができない方は、Eメールもしくはお電話での変更手続きを受け付けております。この場合、ご本人確認のため事務局所定の手続をお願いすることがございますので、予めご了承ください。 なお、Webサイトで個人データを変更された方は、再度Eメールや郵送でご連絡していただく必要はございません。
2 会員が会員登録情報の変更手続を怠るなどにより、当該会員が不利益を被ったとしても、事務局は一切その責任を負いません。

第6条(退会)
本会事務局まで電子メール、または電話にて届出を行い、事務局が承認することにより退会とします。退会日は承認日とします。なお、会費の返還は無いものとします。また、年度更新期間に年会費の納入が無い場合は自動退会となります。

第7条(会員の責任等)
1 会員は、本サービスに関連する各種情報を得るためなどに必要となる通信機器、ソフトウェア、通信接続環境、その他これらに付随して 必要となる全ての機器及び通信費については、自己の費用と責任において全て準備します。
2 会員が、本サービスの利用に関して他の会員若しくはその他の第三者とトラブルその他の紛争を生じるときは、会員は自己の責任と費用をもって処理・解決するものとし、事務局に対していかなる負担及び迷惑も掛けてはなりません。
事務局は自らに故意又は重過失ある場合を除き、会員に生じた全ての損害については、いかなる責任も負わず一切の損害賠償義務から免れます。
3 会員が本サービスに関連して、故意若しくは過失により事務局、他の会員又はその他の第三者に対して損害を与えたときは、自己の責任と費用をもって、その損害を賠償するものとします。

第8条(権利の譲渡)
会員は会員たる地位その他本規約に基づく権利を、第三者に譲渡し、貸与し、使用を許諾し、名義を変更・貸与し又は質権を設定するなどその他の担保に供する等の処分行為は一切できません。

第9条(権利帰属等)
本サービス中のコンテンツ、プログラム、Webサイトのデザインなど、本サービスに関係して提供される商品又はサービスについて、著作権その他の権利は、事務局又はダブルジョイレコーズに管理を委託する著作権者に帰属します。

第10条(禁止事項)
会員は、本会の活動又は本サービスの提供若しくは受領に関連して、以下の各号に定めるいずれの行為も行うことを禁止されます。
(1)会員の登録事項の変更の際に事務局に虚偽の情報を届け出ること
(2)過去に本規約等の違反行為あること、入会不許可、又は、登録抹消処分された事実があるにもかかわらず、これらを告知しないこと
(3) 事務局又は他の会員及び第三者の著作権・商標権・パブリシティー権、営業秘密等の知的財産、プライバシー・肖像権・名誉等の人格権などのいずれかの権利若しくは利益を侵害すること
(4)会員以外の第三者に会員の個人情報を利用させること又は他者になりすまして本サービスを受けること
(5)会員たる地位、本会、本サービス又は本サービス中のコンテンツなど、本会若しくは本サービスに関連する一切について、これを事務局に許可無く利用して当該会員若しくは当該会員が関係する個人若しくは法人その他の組織の営利活動、営業活動、広告宣伝活動及びこれらの準備活動に利用すること
(6)本会、本サービス、会員又は弊社に関する一切の情報について、これを改ざんし若しくは消去すること
(7)選挙の事前運動、選挙運動、その他の政治活動若しくはこれらに類する行為又は宗教上の宣伝行為、宗教的行為、宗教団体の設立・団体活動若しくは宗教団体への勧誘等の宗教的活動をすること
(8)個人若しくは法人その他の組織への勧誘又は売名行為をすること
(9)会員資格の譲渡、売買、使用許諾、担保に供する等の行為又は名義変更若しくは名義貸しをすること
(10)個人情報又は本会が公開していない弊社若しくは本会の情報など、本サービスに関する情報を取得し、改ざんし、消去し又は開示すること
(11)本会若しくは本サービスに不正にアクセスし、プログラムの改ざん・不正なアップロード・ハッキング等の行為をすること
(12)他の会員又は第三者に対し、迷惑メール・嫌がらせメール・連鎖的なメール転送を依頼するメールなど、他者が嫌悪感を抱き若しくはそのおそれのあるEメールを送信・転送する行為又は広告・宣伝・勧誘等のEメールを送信・転送すること
(13)犯罪行為又は公序良俗違反の行為
(14)前各号に定める行為のほか、本会若しくは本サービスの円滑な運営を妨害すること又は事務局若しくはその他の会員および非会員に迷惑を及ぼし損害を与える行為をすること
(15)前各号に定める行為を支援、宣伝、推奨、教唆又はリンクを貼るなどその他の幇助行為をすること
(16)前各号に定める行為をするものと疑われる行為をすること
(17)前各号に定める行為若しくはそれと疑われる行為の中止若しくは是正を事務局が求めたにもかかわらず、これを拒絶し、回答せず若しくは放置するなどの対応をとること又はこれらの対応をとるものと疑われる行為をすること

第11条(処分)
1 事務局若しくは本会が、当該会員に前条各号に定める禁止行為のいずれか一つに該当する行為(以下「違反行為」といいます)があると任意に判断するときは、当該会員に対し、以下の各号に定める処分を選択的若しくは重畳的に実施することができます。
但し、事務局若しくは本会は、かかる違反行為への処分が義務づけられるものではありません。
(1)当該会員に対する違反行為の中止の勧告
(2)被害を受け若しくは被害を受けたと疑われる第三者との協議への参加要求
(3)当該会員が発信し若しくは表示するEメール又はデータ等の削除要求
(4)事前の通知・承諾なくして、当該会員が発信し若しくは表示するEメール又はデータ等の削除処分
(5)事前の通知・承諾なくしてのリンクの切断
(6)事前の通知・承諾なくしての登録抹消処分
(7)違反行為をした会員若しくはそれと疑われる会員の個人情報を被害者若しくは被害者と疑われる者並びに関係諸機関に対して情報提供すること
2 前項のほか、会員に第4条に定める事由があるときも事務局は当該会員の登録抹消処分をすることができます。
3 会員は、事務局の処分決定に対して何らの異議も申し述べず損害賠償を求めないことを予め承諾します。
また事務局は、当該会員による違反行為により他の会員又は第三者に損害を生じたときも、その責任を免れます。
4 当該会員が違反行為をした場合、当該会員に本規約等に基づく未払債務があるときは、本会からの催告無くして当然に期限の利益を喪失し、直ちに未払金全額を支払い、その他の損害が発生するときは直ちにその損害を賠償します。

第12条(個人情報の利用)
1 本会は、会員の個人情報を、以下に定める目的に限り利用するものとします。
(1)本サービスの運営及び提供
(2)本人確認
(3)本会及び事務局が資本参加し若しくは業務提携する関連会社(以下、総称して「本会等」といいます)の各種商品及びサービスの広告宣伝
(4)会員に対するアンケート調査など、事務局等又は事務局等が提供する各種商品及びサービスに対するご意見・ご感想などのご提供のお願い
(5)本サービスで提供するコンテンツの原作者などの著作物及び関連情報の紹介
(6)会員による事務局の提供する各種商品及びサービスの購入情報等の集計・分析、各種商品及びサービスの販売促進のため統計資料の作成
(7)会員の同意を得てする上記以外の個別の目的
2 会員の退会後も、前項各号の目的の限りにおいて、その必要とする期間中、会員の個人情報を保有し利用することができます。

第13条(個人情報の修正・削除等)
事務局は、本サービスの運営及び管理上の必要に応じ、その任意の判断により、退会又は登録抹消した会員の個人情報の全部若しくはその一部を削除することができます。

第14条(個人情報の開示等)
1 事務局は、会員の個人情報を、下記に定める場合を除き、第三者に開示しません。
(1)会員が同意したとき。
(2)裁判所、弁護士会、警察署・検察庁その他の行政庁などから、 法律上の権限に基づき開示・提出を求められたとき
(3)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
(4)その他法令で認められるとき
2 会員の個人情報が、ハッカーなど弊社従業員以外の者による不正行為等により開示・利用され、会員若しくは第三者に損害が発生した場合にも、事務局は故意又は重過失ある場合を除き一切の責任を負いません。

第15条(本サービスの中断)
1 本サービスは、次の項目のいずれかが起こった場合、会員に事前に通知する事なく、一時的にサービスの提供を中断することがあります。
(1)本サービスを提供するため、システムを定期的若しくは緊急に保守点検するとき
(2)天災、火災、停電、暴動、サーバーの停止等により、弊社が本サービスを提供できず若しくは提供が困難となったとき
(3)その他、事務局が本サービスの運営上又は技術上の判断により、本サービスの一時的な中断が必要と判断したとき
2 事務局は、前項に定める本サービスの提供の中断により、会員または第三者に損害が発生してもこれを賠償する責務を負わず、また会費等の返金はいたしません。

第16条(免責事項等)
1 事務局は、以下の各号に定める事由について、その一切の責任を免れます。
(1)本規約の各条項に定める免責事由 
(2)本規約等の変更
(3)本サービスの変更又は中断又は一部の終了若しくは中止
(4)本サービスに対するアクセス困難、映像の劣化などの障害
(5)天災その他の不可抗力による本サービスの未提供
(6)行政指導等による本サービスの提供中止
(7)本サービスに関するサイトから他のサイト又はコンテンツへリンクされている場合の事務局以外のサイトやリソースの内容、利用可能性及びリンク元のコンテンツ・商品・サービス又は広告宣伝内容などの一切
(8)本サービスの提供の遅滞。但し、本号の免責を受けるには、本サービスの提供が遅滞する前に若しくは遅滞後6週間以内に、会員に対して遅滞の事実及び遅滞が解消されるおよその時期を適宜な方法により通知し、通知後3ヶ月以内に任意の方法により遅滞が解消されることを要するものとします。
(9)申込者又は会員による違法行為
2 事務局は、以下の保証をいたしません。
(1)本サービスの内容の正確性・完全性・有用性ほかの一切
(2)会員の使用する全ての機器及びソフトウェアに関する動作保証の一切

第17条(準拠法)
本規約等の解釈及び効力等、本規約等の一切に関しては、日本法のみを適用します。

第18条(専属的合意管轄裁判所)
本規約等又は本サービスに関する紛争につき、裁判で解決するときは、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
以上 

2012年10月(最終改訂日)